SBIカードの口コミってどうなの?

SBIカードの口コミってどうなの?

sbi2

 

yajirusi  SBIカード 最大1.2%の現金還元

 

SBIカード 年会費 永年無料
還元率  1.0%~1.2%
特徴 現金でキャッシュバック
体験談 口コミ・評判

 

SBIカードは決済用の口座を複数登録できます。

そのため保有口座内での現金送金が不要となります。

 

無料クレジットではトップクラスの最大1.2%の現金キャッシュバックです。

ポイントはいらないのでお金が欲しいという方に最適です。

 

li610_02

 

SBIカードは、ソフトバンク系列の「SBIホールディングス」のグループ企業「SBIカード」が提供しているクレジットカードです。

 

大本が国内大手通信企業のソフトバンクということもあり、安心感・信頼が高くなっています。

 

また、SBIカードは機能が豊富でかつ充実しているため、どんな方にもオススメできるクレジットカードです。

 

 

point1柔軟性の高い決済機能

 

 

SBIカードを利用している方が口を揃えて評価しているのは、決済機能の充実度です。

 

例えば、決済日を自分の自由に設定できるという画期的なサービスを導入しています。

 

給料日と決済日を同日にしておくことで、無駄な利息が付いてしまうのを避けることが可能です。

 

また、通常のクレジットカードは、決済用の口座を1つに限定しなければいけませんが、SBIカードは複数の決済用口座を登録しておくことができます。

 

そのため、もし1つの決済用口座に残金が不足したとしても、別の口座から決済することができるので、安心です。

 

 

point2充実の旅行保険

 

 

SBIカードのもう1つの大きな特徴は、年会費無料とは思えないほど優れた旅行保険です。

 

最高補償額は、国内旅行・海外旅行共に2000万円と非常に高額でかつカードの所有者の家族に対しても補償額の50%までを補償する家族特約も付与されています。

 

また、国内旅行では入院費用や通院費用も補償対象となっているほか、海外旅行では傷害治療費用として最大200万円が補償されます。

 

このようにSBIカードは極めて旅行保険としての機能が高くなっていますので、頻繁に家族で旅行に行かれるという方にはピッタリのクレジットカードとなっています。

 

li610_02

 

check_green01私の主力カードはSBIカードです

 

 

phm19_0019-s (1)私はクレジットカードを2枚持っています。

 

それぞれ特徴があって、便利な使い分け術を実行しています。

 

私が一番最初に作ったクレジットカードは「楽天カード」です。

 

一番良いと思った点はその審査の通りやすさで、この手のサービスでは類を見ないくらいの簡単さでした。

 

条件によっても通らない場合がありますが、それでも収入額や審査の内容が甘く、すぐにカードを作ることができました。

 

せっかくクレジットカードを作りたくなっても審査が通らなくては話しになりませんが、楽天カードは信頼性を維持しつつ、きちんとカード発行に導いてくれる優しさがあると感じました。

 

楽天ポイントが付与されるのも大きな得だと感じました。

100ポイントごとに1円というのはかなり大盤振る舞いだと思います。

 

楽天のショッピングサイト自体、月に何度も使うダイヤモンド会員なので、ポイント付与はクレジットカード作成の際の大きな後押しになりました。

買物をするたびお得な気分がするのは楽天カードだけだと思います。

 

そして、もう1枚が「SBIレギュラーカード」です。

 

これは私が今主力で使っているんですが、こちらも還元率がなかなか良いですね。

生活費などの公共料金系はSBIレギュラーカードで払っているんですが、非常に便利で、銀行引き落としよりも使えると思いました。

 

クレジットカードとしてのデザイン性も良く、落ち着いた配色が普段使いのカードとして惹かれました。

こういったカード系は金色の配色も多いと思うのですが、地味めな黒系のデザインが好きな私としては、お気に入りのカードです。

 

シチュエーションによってのカードの使い分けは利便性があると思います。

 

li610_02

 

 

check_green01私がSBIカードを愛用している理由

 

 

phm12_0045-s (1)クレジットカードを作る時に重視することは、人それぞれですが、いくら高い還元率のカードでも、年会費を払うのってもったいない気がしますよね。

 

私がクレジットカードを作る時には、「年会費が無料であること」と、「高い還元率があること」この2つを共に満たしてくれるものを選んでいます。

 

そこでお勧めなのが、「SBIカード」です。

 

レギュラーカードの場合、無条件で年会費が無料なので、年会費を無料にするための条件を気にしながら使わなくても良いので気が楽です。

 

それに、ポイントの還元率が最大1.2%になるのも魅力です。

しかも、このポイントのつけ方もとってもお得なんです。

 

私が他に加入しているクレジットカードの場合、100円につき1ポイントだと、198円購入してもつくポイントは1ポイントだけです。

 

ところが、SBIカードでは、月額利用代金の合計額から考えてもらえるんです。

 

ポイントのつけ方は、千円につき10ポイントなのですが、月額合計金額のうちの千円未満の端数は切り捨てずに、翌月の月間合計金額に合算してポイントを付与してくれるので、しっかり使った分だけポイントで還元してもらえるんですよ。

 

しかも、貯まったポイントは、自分の持っている口座にキャッシュバックしてもらえるし、キャッシュバックに満たないくらいのポイント数の場合は、SBIポイントに移行して使えます。

 

もし、住信SBIネット銀行で口座を持っていれば、SBIポイントから手数料無料で、500ポイントから口座に移し替えることもできるんですよ。

 

かなりお得なので、私はSBIカードを愛用しています。

 

li610_02

 

check_green01最強の現金還元が期待できるSBIカード

 

 

phm12_0143-s私は現在30代の女性です。

 

これまで様々な会社のクレジットカードを利用してきました。

 

できるだけ自分のライフスタイルにあったもので、お得なカードをと探していたところ出会ったのがSBIカードです。

 

私が実際にこのSBIカードを使用してみて感じる点について記したいと思います。

 

まず、SBIカードの最大の魅力は還元率が高いという点です。

 

SBIグループ(住信SBIネット銀行、SBI証券、SBI損保など)を利用すればするほど、還元率のポイントが上がります。

 

私は以前からSBIネット銀行を利用していました。

理由はコンビニのATMでも手数料無料で使用できるからです。

 

さらに損害保険もSBIに変更しました。

また、SBI証券を利用して、株式も少し手を出しています。

 

ですので、還元率は1.2%です。

ガソリン系のカードですと、ある商品に特化して還元率は高くなるものもありますが、これほど広い範囲の商品が対象で還元率が高いカードはないと思います。

 

またポイントも年間で5000ポイント以上貯めると、ポイントに応じて商品ではなくて現金がキャッシュパックされるのも魅力の一つです。

 

5000ポイントならば、5000円という主婦にとってはありがたい現金でのキャッシュバックです。

 

もし今SBIグループと付き合いがあるのであれば、ぜひSBIカードを作ることをおススメします。

使い方によっては、今までと同じように使っていても、キャッシュバックの恩恵を受けることができるはずです。

関連記事

  1. 昭和シェル石油で給油している方にお勧めのシェルスターレックスカード
  2. ジャパンネット銀行VISAデビットカードのメリットは何ですか?
  3. ファミマTカードは還元率最高水準の年会費無料カード
  4. NTTグループカードの評判ってどうなの?
  5. ツタヤTカードの評判ってどうなの?
  6. DCカードの口コミってどうなの?
  7. 漢方スタイルクラブカードの審査ってどうなの?
  8. JPBANKカード(ゆうちょ銀行カード)の評判ってどうなの?
  9. ゆめカードの口コミってどうなの?
  10. 地球にやさしいカードの評判ってどうなの?